寺スが綴るコラム

健康ア・ラ・カルト

「新型コロナウイルスのワクチン」~さとやま整形外科内科院長が贈るコラム~

健康ア・ラ・カルト#1

さとやま整形外科内科院長が贈る本コラムでは健康に関する雑話や豆知識などをいろいろご紹介していきます。

~~~

初回は「新型コロナウイルス」のワクチンについてです。
特効薬がない現況では、抗体をつくって免疫を獲得することが最善の対策で、人為的に抗体をつくらせる抗原がワクチンです。

現在、世界では2つのタイプが接種されています。
1つは従来型の不活化ワクチンで、病原性を無くしたウイルスそのものか又はタンパクの一部を使うタイプ(中国製)、もう1つは新しい遺伝子ワクチンで、ウイルスのタンパク合成の設計図であるメッセンジャーRNAを使うタイプ(米英製)です。

AdobeStock_315981469.jpeg

遺伝子ワクチンは、ウイルスが人の細胞に侵入する時、鍵となる「スパイク」タンパクの暗号を持った遺伝子RNAをワクチンとして注射するのです。
人の細胞はそれを自分自身の指令と思い込み、ウイルスのタンパクをつくりますが、これを免疫系が異物と判断して抗体ができると云う仕組みです。

ウイルスは細菌などと違って細胞の中に入らなければ増殖できません。侵入時にウイルスが鍵として使う急所を抗体が狙い打ちするのです。

何と素晴らしい人類の叡智が生んだ科学の勝利ではありませんか!!

~~~

さとやま整形外科内科 院長 稙田太郎

①プロフ写真稙田先生.jpg

インスリン抵抗性に関し、日本でいち早く人工膵臓を駆使して臨床研究を展開。 医学博士号取得、元日本糖尿病学会専門医、指導医、功労評議員。

沼津市東原(愛鷹)の「さとやま整形外科内科 内科・リハビリテーション科・整形外科
https://www.satoyama2.jp/